「弾くこと」と「書くこと」

こんにちは。仲村真貴子です。

…ご無沙汰しております。

ようやくメルマガその他諸々の
改変作業に着手し始め、
その間Blogがおろそかに…

実は一度、メルマガの改変には
人知れず失敗していまして。。。
理由は「終わるまで、弾かない」みたいに、
弾くことを制限しすぎたことと、
データを飛ばしたこと。
ちょっと、追い詰められちゃった。

…ならば、じゃあちょっと弾こうか…

と言う訳で、
バッハなんぞをちょろちょろ弾き始め
多分近日公開するんじゃないの?
とか思っていたら。

弾くと、どういう訳だか
「言葉」って、出てくるんですよ。

それは、
作曲家とか曲の「ネタ」が
増えるから…
って言うよりも、
なんて言うか
弾くことで気付くことが多いから。

「今、これをやろうとしている」
「こうしたい!って思ってる」
…みたいな、
欲求に正直になる、というか
血の巡り…じゃなかった、
エネルギーの循環が良くなる、
流れがよくなる感じ。

だから、
書きたいこととかあるんだけど、
自分で決めた影の仕事っぽいこと
…何かについて200個書く!
みたいなのを夜な夜なやりつつ、
「改変」と称して
Blogやメルマガの間隔が開くのは
「目に見えないのは、
やってないのと同じじゃん!」
と思って微妙な罪悪感を持ちつつ。。。

「書くこと」はそこそこ習慣化されてるので
やらないとちょっとキモチワルイのですね、
正直。

でも、
誰も見ていなくても、
忘れられても、
「え??まだやってるの??」
みたいな感じで、
多分やめないと思います。笑
それ、ちょっと得意技。

…しかし、そうこうしているうちに
熱出しました。苦笑
流行りモノ、ではなく、
オトナの知恵熱!ですね。
一晩で下がり、
今はのんびり元気です。
昨年も全く同じ時期に
発熱していて、
何かあるのかな…。

もう、
「何のために弾くの??」
と訊かれたら、
この瞬間は
「健康のため」
と答えますね。笑
心身の健康のため。
あるいは、そのバロメーター。

発熱する前とか、
やっぱり弾いてると調子悪いので
わかるんですよ。
…っていうか、
まず気乗りしない感じが
ちょっといつもと違う。

人間の脳っていうのは、
やらないとやる気が出ない構造
らしいのですが、
そういう問題じゃなく
椅子に座るイメージが湧かない…
みたいな感じ。

「椅子に座って、どうするんだろう?」
みたいな。
いやいや、いいから座れよ!
って感じなんですが。笑

無理にバッハ、
しかもバッハ!弾いてたんですが。。。
こんな下手だったっけ??
あ、元々弾けてなかったか…

とか思いつつ、
上手下手、というか
「ハマらない」という感じ。
決まりが悪い、というか。

体調を「弾いて」推し量るのは
意外にピアニストっぽい…
とか、我ながらビックリしますが。
発熱する前は、
何となく手首と、
指の第二関節に違和感があることが
多い気がする。
ドアがキーキー鳴るみたいに、
ちょっと油が足りない、というか
スムーズじゃない。
ちょっと痛い。

…とまぁ、それほど高熱ではなかったので
妙に冷静な分析をしつつ
「熱」以外の症状がほぼ全くない!という、
これまた不思議なオトナの知恵熱でした。

時節柄、「健康でいなければ…」という
プレッシャーがあるようにも思いますが、
くれぐれもご自愛くださいね。

時節柄の事務作業をやりつつ、
ぼちぼち書いて、
ぼちぼち弾きます。

それでは、また!
仲村真貴子