いちねん。

こんばんは。仲村真貴子です。

今日は、東京音大の頃にお世話になった先生と、生徒さんたちとの会食に行ってきました。

一応、私のドイツ留学を終えたお疲れ様会食会…と銘打ってはいるのですが。

帰国してからちょうど1年。

2018年2月19日にドイツを発って、20日に帰国しました。

そんな訳で、留学話よりも「今どうしてるの?」「これからどうするの?」なんて話が多くなるのは、ごく自然な流れかもしれません。

…そうは言っても、気が緩んでくると先生もやはりドイツが恋しくなるようで。

つい最近、ひょんなことから名指揮者フルトヴェングラーのお墓が、Heidelbergにあることを知りました。隣町、Heidelberg。知っていたら、行ったかも。

東京音大の先生は、Hamburgでコンラート・ハンゼンの下で学んだ方。
ハンゼンはソリストとしてフルトヴェングラーと共演している人。
ハンゼンの師はエドウィン・フィッシャー。
先生のFreiburg時代の師匠は、ローベルト・アレクサンダー・ボーンケ。
「ボーンケ先生は、小さい頃にエドウィン・フィッシャーに連弾なんかをして遊んでもらった経験がある。フィッシャーが弾く「さすらい人幻想曲」が気に入って、ピアノを弾き始めた」。…こんな逸話まで。
ちなみに、ボーンケ先生はメンデルスゾーン家の末裔。
…こうやって辿っていくと、偉大なる有名な音楽家は、意外と近いところにいるのかも知れません。

私の留学生活が、自分にとって本当に意味を持つのは、もう少し先のような気がするけれど。
「すべてが思い出やで。」

そんなことを言っていた自分を、懐かしく思い出しています。

留学や、外国が決してすべてではないけれど。
迷っている人がいたら、背中を押してあげたい。
そんな心持です。

それでは、また。
仲村真貴子

直前の準備

こんにちは。仲村真貴子です。

泥のように眠ったら、身も心もずいぶんスッキリしました。寝ないで動ける体が欲しい!なんて思うこともあるけれど、睡眠。是非大切にしてくださいね。

…さて、ゼロックス・スーパーカップ。

来ましたね、今年もこの時期。昨シーズンをもって引退された、中澤佑二さんがゲスト解説。選手目線の佑二の解説が面白かった、今年ももうすぐJリーグ開幕。楽しみですね!

…という話ではなく。

ゼロックスが来ると思い出すのは、やっぱり受験のこと…。
入試間近な時期。10日とか一週間前くらい、数日前…なんてこともあったかな。泣きながら見てたこと…なんかもありました。(笑)この時期の準備…要するに、本番前10日位からの準備。私はこれに非常に苦労しました。つまり、10日前位から急激に調子を落とすことが多かった。

つい数日前、受験生たちを見ていても思うのですが、総じて歌いすぎて疲れている。一生懸命すぎて、さながら喉自慢な感じになってしまう。当事者でいたころは、そんなの「うるさいなぁ」と心底思っていたものですが。「頑張る」って、意外とそんなに難しくないんですよね。その気になりさえすれば、それほどでもない。ただ、「休む」「緩める」…これは本当に難しい。休むと後悔しそうな気がするから。「やっておけばよかった」って。

結論から言ってしまうと、10日前に何が必要か、事前に試して知っておく必要がある、ということになると思うのですが…。そこは勢い!というのが現役の強みかな。でも、「緩める」方法は何か持っておくといい気がします。私だったら、

・暖かいものを飲むこと(コーヒーは厳禁!)
・甘いもの(本番前なら飴。飴の味も数種類試します(笑)同じくコーヒーはダメ、ハチミツ、黒糖の類が多いです。チョコレートは私の場合はイマイチ。手が汚れる場合があるから。マドレーヌなんかは持ってることが多い。)
・とにかく体を冷やさない。
・体の大きな関節を動かす。腰とか、股関節、肩とか。
・ピアノの場合なら、直前に音だし出来ないことが多いのでウォーミングアップの方法を数パターン持っておく。(電車の中でつり革、雨の日なら傘なんかも使いました。(笑))
・何か好きな「もの」(私の場合は、いい香りがするもの。お茶もそうだけど、お風呂の入浴剤、香水とか。)
・さらいすぎない。(あるいは、どのくらいがちょうどいいか、知っておく。)

…あとは、全然関係ない歌謡曲の、気になった歌詞を列挙する!!なんてこともしてました。(笑)コレ、意外にオススメ。その、耳に留まった言葉が、いざというとき、自分を励ましてくれたりします。浜崎あゆみ、宇多田ヒカル、ミスチル、SMAP…私、結構いろいろありますね(笑)

受験生のみなさん。
冷静と情熱を持って、最後まで頑張って欲しいです。
それと、休むこと、自分を労わることを忘れずに。

それでは、また。
仲村真貴子

健康って大切!

こんばんは。仲村真貴子です。

ブログに書きたいようなネタをしたためつつも、ここ数日いまひとつ体調が優れず、敬愛するナマケモノを地で行くような生活をしています。(…敬愛するナマケモノ…(笑))

始めは家族から風邪をもらったのか、喉が痛い!とか抜かしていたけど、喉が痛いというより首の辺りが厚ぼったくなっている感じ。あとは肩辺り…うーん、リンパ節に痛みがあるような。とにかく、ダルい…。熱は無いので…冬眠モードか、あるいはヤワなメンタルのせいか…。

ドイツでお世話になった先生に、初めて大説教を喰らったのは、意外にも体調のこと。風邪で全く声が出なくなった状態、意思の疎通も出来ないのに本番前だから、とレッスンに行ったら…

「今来るべき場所はここではない。」

…と、門前払い。2時間のレッスンが、30分足らずで終了。体調が悪くても、無理をするのが美徳!と思っていたら、鼻をへし折られた感じ。体調よりもちょっと落ち込みました。

人間、無い物ねだりで、忙しいときは休みたいと思うし、動けないと「一体何をやってるんだろう…」と思うけど。ナマケモノなくせに休むのは怖かったりしますが、ちゃんと休息を取ろうと思います。

休むの大事!おやすみなさい。

仲村真貴子

片思い

こんばんは。仲村真貴子です。

うーん、今晩はイマイチ寝つきが悪そうな予感がしますね…。全然眠くない。

犯人は「コーヒー」です。

香りがいいものが好きなので、コーヒーも紅茶も大好き。
お酒ももちろん!
度数が高いもの!よりも、やっぱり香りがいいものが好き。

…でも、コーヒーは完全なる片思いです。

カフェインに弱いらしく、コーヒーは要注意。
寝られないくらいならまだいいけれど(…よくないけど。)、いろいろ問題が起こる。手足が冷える、震える、胃が痛くなる(…下手したら上下(苦笑))、たまに頭痛。いわゆる冷たいコーヒー、アイスコーヒーは残念ながらずっと飲んでいません。ちなみにドイツ語でいう”Eiskaffee”とは、コーヒーフロートをパフェに近づけた感じで美味しい!しかし、本当はブラックで浴びるほどコーヒー飲みたい!と思うから、もう本当に切ない切ない片思いです…。こんなんだから、本番前はコーヒーは厳禁。ジンクスではなく、ルーティーン。カフェイン・レスは、いいところを取ってしまったような感じで、やっぱりちょっと悲しいし…。

コーヒー、大好きなのにっ!!

コーヒーとのお付き合い、くれぐれもご注意ください。

Bis baldissimo.
仲村真貴子

「ノルマの回送」からのノルマ

こんばんは。仲村真貴子です。

今日は後輩である阪田知樹くんのリサイタルへ。「後輩」なんてとてつもなく恐れ多い、すでに大活躍中のピアニストです。

今日は3部構成のオール・リスト・プログラム。

もう、ね。

次元が違うので嫉妬もしない!というのは、褒め言葉になるんでしょうか。(笑)
正直なところ、同業者のピアニスト。時には意地悪な耳で粗探しをしたくなることも…。自分を棚に上げて、「私ならこうは弾かない」と思ったり、一方で「これが出来ないから悔しい」と妙に不安になったり。でも、阪田くんに至っては、もうそういうの、無いです。

昨年、BASFでの演奏会のあとに、Mannheimでテクニックについて延々語りあったのはいい思い出。私、体の割りにあまり手が大きくなく、特に小指がすごく短いんです。短い小指選手権があったら勝てるかも。自分より小指が短い人に会ったことがない位…なんて話をしていて、

「手が小さいのはテクニックとは関係ない。
弾ける曲をちゃんと弾くっていうのも大事なこと。」
…とちょっと励まされました。

数回挫折しているリストのソナタは、手の大きさと馬力と、それだけでなくいろいろあるけど、やっぱりピアニストとしては憧れの曲の1つ。元々はベートーヴェンの歌曲「アデライーデ」のリスト編曲版、「ノルマの回送」は私も演奏したことがあり、懐かしさと新鮮さとともに聴きました。

「テクニックも芸術を表現する一部。」
確か彼、そんなことを言ってましたね。羽生結弦選手と共通するような考え方かもしれません。

終演後は、「ノルマ」のアンサンブルの練習に、学校へ。今も「ノルマ」の様々な断片が脳内で無限ループしております。

Bis baldissimo.
仲村真貴子

図書館

こんにちは。仲村真貴子です。

「手に取る本によって、今の気分とか、心の状態がわかるよ。」

かれこれ20年以上お世話になっている美容師さんに、以前言われた言葉。今では手に職を持つ身として貴重な意見もあって、尊敬すべき人生の先輩です。

よく行く好きな場所の1つが、図書館。

スーパー大量に本を読んでいます!と誇れるほど読書家ではないけれど、本は好き。本…というか、「読むこと」が好きかもしれません。楽譜なんかも「読む」もの。外国語の本を読むのに、ちょっと似てるかな。本屋ももちろん好き。しかーし、何故か本を「買ってしまう」と、読まない。(…ごめんなさい。)いつでも読めると思うと、後回しにするのか…。だから、手当たり次第借りて、2週間とかで返して、たまに延長して、予約したり探したり…というのが性に合っているのかも。そのサイクルすらも、楽しんでいるのかもしれません。たまには「積ん読」も幸せです。

ちなみに、いわゆる文豪の名作、歴史小説、推理小説は…読むべきかなぁと思いつつ、敬遠。無理して読んだ時期があるけど、それこそ忘れた頃に夢に出てくるのが怖い。でも、軽いものばかり読んでいると、ちょっと欲求不満になるジレンマ…。

…という訳で、今回手に取った本たちの一部。

・国民気質で観るサッカーW杯
・サッカー通訳戦記
・サッカー日本代表を鍛えた監督力

…え???(笑)

どうやら求めているのは、サッカーのようですね。(笑)
そろそろJリーグの開幕も近付いてきたことですし。
サッカーそのもの、というよりは、そこに関わる諸々に興味があるようですね。

心持がわからなくなったら、ぜひ本屋さんか、図書館に足を運んでみてください!意外な自分の気持ちに気付くかもしれません。

Bis baldissimo.
仲村真貴子

PS
次に借りる本は「ヨナス・カウフマン」かも知れません。(笑)


巻き毛への道

こんにちは。仲村真貴子です。

今日も例のメイクレッスンに行って来た訳ですが。

せっかくなので、ヘアアレンジも教えて頂こう!と。

今現在、髪はあまり長くないので、あまりいろいろなことは出来ないのですが、何パターンか方法があれば、本番なんかのときは嬉しいですよね。

試行錯誤の末に、いろいろ技を盛り込んだハーフアップのアレンジ。

・分け目はわざとラフにする。
・編みこみとロープあみは、下からほぐす。
・ねじってピンで留めるハーフアップは、2回転くらい。長すぎない。
・ハーフアップのピンは、外側に刺すと飛び出る。内側なイメージ。
・くるりんぱをするとき、まずゴムできつめに結んでから!!

最重要ポイントは、ゴムをきつめに結ぶこと!!(笑)
編みこみ、ピンの留め方なんかはYoutubeに動画はあるけど、意外とゴムの結び方は誰も教えてくれない。実に初歩的なポイントです。髪が短いせいもあって、崩れてしまったのですね、結び方がゆるくて。なので、失敗から得た教訓。編みこみのほぐし方が思い切れないのは、凝り固まった性格かしら。

…問題はここから。
まぁ、割りとサクサク進んで、
「コテを使って髪を巻いてみましょう!」
…ということになり…、

これが全然出来ない!!!

意外な盲点です。ビックリ。
まずは、髪が短いから。顔とか耳に触りそうでビビるのです…。
でも、実際ビビっているのは、やっぱり手。コテって180℃とかあるから、やけどしそうで怖い。今日も、ちょっと触ってしまったり、手に汗握ったり。熱くなっていないコテで練習したり、髪をどう挟んだらいいのか全然わからなかったり、もう散々な結果…。

最終的に、
「アレはダメでしたね!」
と、笑顔で今日のレッスンを終えました。(笑)

職業柄、手先は割りと器用。しかし、道具は使いこなせないようです。(爆)

Bis baldissimo!
仲村真貴子

探し物とオペラ

いきなりですが。

探し物って…困りませんか?

物が見つからないのが困る、というよりは、いつまで探すかどうかが困る。他にやるべきことはあるし、物によってはなくても困らないから。

…でも、気になるものは、気になる…。

昨日、「ピンがない」というアリアが登場するオペラ(「フィガロの結婚」のこと)を聴きすぎたせいか、今日の探し物はなんと、「ピン」。まぁ、髪飾りのピンですが。別に、なくてもいいけど、気になるもの。明日使おうと思っていたし。

ちょっと探したところで見つからず、これは気合が必要だ!と思ったところで。

BGMに探し物にちなんだオペラを。(笑)ピンではなく、鍵ですが…
そう、「ラ・ボエーム」です。
私、荷造りとか、片付けとかするときのBGMは結構ボエーム率高め。
休憩無しだと約2時間。時間がちょうどいい。(笑)

ちなみに、今日私の大好きなテノールの一人である Marcelo Álvarezが東京でリサイタルとのこと。Baden-Badenとパリで「トスカ」を見たのは記憶に新しい、ちょいと鼻声だった「トロヴァトーレ」もいい思い出。でも、ガラ・コンサートだと欲求不満になるので、やっぱりオペラ1本全部がいい。

…そんな勝手な1人連想ゲームのおかげで。
1幕は聞きほれてボーっとしているうちに終わり(笑)、めでたく2幕で探し物を発見!!
現在3幕、達成感とともにこの記事を書いています。

「捨てていないものは、どこかにある」
私の勝手な座右の銘です。(笑)

オペラシティに行かれる方、どうかMarceloを堪能されますように。

Bis baldissimo.

仲村真貴子

大好きなボエーム
(…また、字幕がスペイン語!っていうのがちょっとイイのよねっ!)
↓↓↓

やめること、捨てること

「断・捨・離」が苦手とか、片付けが苦手とか、すでに書いたような気がします。

続けるのは結構得意、でもやめること、変わることにはあまり強くないかもしれません。

…というか、やめることは「嫌い」。

出来ない自分が許せないから、あるいは自分が「やる」と決めたことを「やめる」のが、本当に「嫌い」。

例えば、申し込んだコンクールを棄権すること。棄権するくらいなら、無理してでも行った方がいい…というのが本心だったりする。これ、一度ドイツで本気で止められました。愛すべき我が師匠…だけでなく、歌科の教授からも。(笑)棄権したことより、もはや説教の方がインパクトが大きいけれど。

計画性がないとか、出来ない自分を責めたりとかもするのだけど…実は極端に無理をしようとするとき、微妙に体に不調があることが多い。咳が止まらない、とか、実は手の調子に不安がある、とか。無理をすれば出来なくはない、だから、予定を詰め込んで無理をしようとする…ある種の自傷行為な訳です。

年明けに香港に行ってから、何となくのほほん…と過ごしているうちに2月になり、カレンダーの余白恐怖症の私は、この先の予定が意外と大変なことに気付いてきました。量と質っていうのは難しい。それに、カレンダー通りにこなせるとは限らない、こなすことがいいとも限らない。

…そんな訳で。
やめたこと。ドイツ語の試験(笑)

状況的に、「あ、これヤバイ」と直感したのが昨日。
語学はやらないと忘れる、習得に時間がかかるというのは承知で、まぁ試験というのはテクニックみたいな部分もある。先送りの言い訳とか、逃した1点の大きさ…とか、いろいろ言いたいけど、取り敢えず10日間以内に必要…ではなさそう。10日間では出来なさそう…というのが結論。

「一度『やる』って言い出したことを、やめさせるのが本っっ当に大変」
これ、大学以降にお世話になった先生方が異口同音に言う言葉。本当に、国籍と専攻を問わず。(笑)そして、未だに変わらず。

でも私、本来結構のんびりしてるはずなんですよね…。おいしいお茶とか飲んでボーっとするの好きだし、南の島で海とか見ながらボーっとしたい…って、よく言ってるし。

…そんな訳で。
ナマケモノは素晴らしいですよ!!笑

仲村真貴子

風のせい!

風の強い日が続いていますね。

強風の影響が、我が家にも出ています。(笑)

ひとつは、テレビ。
強風のせいでアンテナの向きが微妙に変わってしまったらしく、地上波のほとんどのチャンネルが映らなくなってしまいました。家族が、格闘して修復…。
でも、秘かに「テレビ無しも悪くない」と思っていたりします。もともとリモコンの保有権は私には無く。それより、ドイツで6年テレビ無し生活をしていたら、特に必要性を感じなくなってしまいました。このご時勢、ネットもあるし。見たい番組も、ネットで再放送が見られますよね。日本語だと、言葉がわかってしまうので(笑)余計に情報量が多くて返って疲れるように感じるのかもしれません。見たいのは…スポーツ観戦くらいかなぁ…。あとは、本当は映画。

もうひとつは、寝不足。
昨晩は、強風に雨も降って、その音で目が覚めました。

なんて珍しい!!!(笑)

めったなことでは起きないはずの私が、最近少々敏感です。自己解析なんて、柄に合わないことやるからかしら。自己解析なんてやると、必ず自分の闇っぽいところとか、トラウマとか出てくる訳です。まぁ、そのパターンを見つける為というのもひとつの目的だけど、ちょっと気にしすぎかも。テレビの情報に敏感とか、風の音が気になるとか…隠れてナイーブな性格なんでしょうか。(笑)ナイーブなところが、演奏やら何やらいいところに生かせればいいのですが…紙一重なところもあり。つくづく、自分のことを知って、面倒な自分と付き合うのはなかなか難しい。演奏に関しても、少しずつ焦ってきた…。

そんな訳で。
ちゃんと寝られますように。
「ネムイ」「サムイ」が口癖の私ですが、まずは質のいい睡眠を!と言い訳することとします。寝ること、大切なようですね。

仲村真貴子