沖縄旅行記〜陸の上編〜

こんにちは。仲村真貴子です。

…今回の沖縄旅行。

3泊4日で
1日目:遅めの飛行機で到着
2日目:海洋実習と学科
3日目:海洋実習
4日目:遅めの飛行機で帰京

とまぁ潜るのメイン、
海中心の生活だった訳ですね。

本当は3日目、
追加ダイブでもう2〜3本
行けたのと、行きたかったなぁ…
と言う思いもありつつ。
潜るのがヘタクソすぎたので
もう少し慣れたいなぁ、と思った。
しかし一方で、
すでに若干耳に違和感があり
やはり中耳炎ということでした。
行きたかったけど、やめておいてよかった。

…そんな訳で、
陸上生活は丸一日くらい。

ほぼコンビニ暮らしだったので
やっぱりあったかいものが食べたくなりますね。

コンビニも「ご当地グルメ」、
コレ結構楽しいんですよ。

沖縄だと「おにぎりサンド」、
一時期流行った「おにぎらず」なんですが
スパムとか挟まってる。
それと、「ゆしどーふ」(…おぼろ豆腐に鰹出汁ともずく)が
美味しくて、満たされたました。

私は自称、
「初めて入るお店は外さない」という
特技がありまして、笑
ネットで調べたお目当てのお店に
行くこともあるんですが
そこら辺歩いていて
「ここのお店、美味しそう!」
と思って突撃するのが得意ですね。
ハズレ、なし。

3日目の夜は早割半額の居酒屋、
帰る前も歩いていて気になった居酒屋さんに
突撃して、
ビール2杯、食べたいもの全部頼んで
3000円でお釣りが来る感じですね。
もずくの天ぷらにハマってました。

そうそう、
「マキコも歩けば飲み屋に当たる」
という訳で、
例えば首里城付近では閉店間際の
「山城まんじゅう」を見つけて食べて、
駅までの近道を教えてもらって歩いていたら…
クラフトビール&自家焙煎コーヒーのお店を発見。
偶然です。
歩いていたら、あった。

開店よりちょっと早かったのですが
入れて頂いて
犬と戯れて
「首里レッド」というクラフトビール、
懐かしのドイツビールを頂き
ついでに雨宿りもできちゃう!!
っていう、ラッキーさ。

…持ってますね。笑

お買い物、
DFSギャラリアの免税店にも。
アイシャドウ大好きのワタクシ、
よし!この際トム・フォードだ!!
(…高いヤツ。)
とか思っていたのですが、
アイシャドウというアイシャドウが
ほぼ全て売り切れ。
各店舗、「sold out」っていう色を
発売したのか?!
と思うほど、「sold out」ばっかりで
本当にびっくりしました。

物流とは、
もとい「化粧」とは世相を反映するもの。

リモート主体の仕事の影響だそう。

同じ理由で化粧下地もなかなか見つからず
どうしよう!!
と思っていたら、
一方で割引セールなんかもやっているのですね。
人が来ないことで、
販売期限が近いものを。。。という。
そんな訳で、
コレまたかなりお得なお買い物を。
満足でございます。

最後に、首里城のことを。

大規模な火災で消失してから
ほぼ1年。
近くに沖縄県立芸術大学があり、
何となく周りを歩いてみたかった…
という理由で、行きました。

本当にまっさら、
例えば屋根にあった竜が
「目」「胴体」「ひげ」みたいに
残った部分だけが展示されていて
本当に切ないものがありました。
私はその存在した建物を見たことはなく、
「なくなってしまった」ことで
却ってその「存在」を感じるような
不思議な感覚でした。
火災の熱でかなり地盤も傷んでおり、
今はその地盤を整えている段階。
本格的な復興は来年以降だそうです。

沖縄本島は15年ぶりくらいで2回目、
その時は食べ物もあまり口に合わない…
と思ったものですが
美味しい食べ物と空気にすっかり魅了され
懲りずに潜って食べたいなぁ…
と思っている次第でございます。

まずは体に気をつけて。
どこにいても。

それでは、また!
仲村真貴子