書くこと。

こんばんは。仲村真貴子です。

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。

…という訳でもないけれど、Blogといふものを昨年12月末からやり始めて、記事として大体60通くらいになるかな。出来るだけ毎日…と思っています。

日記といえば、始まりは小学校の宿題。絵日記から始まって、絵があまり得意ではなく、文を書く方が気楽だった覚えがあります。東京に来てから日記の宿題が途切れてしまい、時には自分でなんとなく書くことも。高校に入る頃、毎日の星占いが付いている手帳が欲しくて買って、スカスカなのはもったいない、毎日5行くらいなら苦にならないかな…と思って以来、何となく書き始め、そして今まで続いています。何を書いてもいいし、サボるのもあり。たまには歌謡曲の歌詞を写経していて、「『もう一回、もう一回』と、一体何回書くんだろう?」みたいなときも。(笑)写経する歌詞は、ミスチル率高め。勝手にサッカー日本代表のような気分です。

書く内容が思いつかないとき。

「『書くこと』がない」と書けばいい。

…と、いつも思ってきたけど。

意外と今までやったことがありません。

「書くことがない」と思うと気楽になるのか、別に頭をひねって搾り出している感じでもなく。こんなとき、脳が物凄いスピードで動いているのを実感しています。本当に。

朝顔の観察日記でもなければ、行動記録でもないので、書くネタ探しとしてはちょっとした小さいことを膨らませて、ちょっと面白くすることを心がけています。ちょっとしたこと、言うのは、自分が言ったこととか、何か起こったこととか、誰かが言っていて印象的だった言葉とか。

まぁ、ハッキリ言ったら、書くことが無かったんですけど。(笑)

だけど、脳は働いているし、時間も進んでいる。

ストレス発散に「書くこと」。
結構オススメです。

それでは、また!
仲村真貴子